ホームページに戻る






 お勧めコース一覧

 Walking++お勧めのコースを紹介しています。
 いずれもご自分で作るコースですので予算、日程、保有ポイントによりいかようにでも楽しめます。

       
■CoralReefWalking++
  
 
     
 
滞在
最適時期
滞在場所 内容
2月
3月
沖縄 ■テーマは「感動の海と長寿食」です。  
 沖縄本島の中でも特に海の美しいエリアに1ヶ月の長期滞在をお勧めしています。

■感動
 青い海は何時間も眺めていても飽きることない不思議な魅力があります。

■運動
 2月、3月の沖縄はちょっと寒いくらいで歩くにはちょうどいい季節です。毎日、8km以上は歩くことをお勧めしています。

■食
 長期滞在となると食事が重要な要素となります。お勧めは、美味しい沖縄ならではの琉球料理です。豆腐、野菜、海藻、豚肉を使用した料理は長寿食とも言われ、とても美味しいです。毎日食べても飽きることはありません。地元の牛乳の美味しさには驚かされました。

■花粉症対策
 Walking++の主目的ではありませんが、本土は花粉が飛び散るころですので花粉症対策として沖縄に滞在することは意味があります。経験的に1日経てば花粉症の症状は出なくなりました。
 
 
   2019年コースは終了しています。
 
        
■OnsenWalking++

 
  OnsenWalking++ Spring  2019

 
滞在
最適時期
滞在場所 内容
4月
5月
9月
10月
東北 ■テーマ 「温泉大好き」

 「極楽極楽」と言いたくなるような温泉三昧の湯治生活を体験するコースです。泉質にこだわったコースですので、下記の条件に合う温泉場に滞在します。
 ・源泉掛け流し
 ・温泉温度が30℃以上50℃以下
 ・高張性温泉(溶存物質総量が10g/kg以上)
 ・ph7.0以上
 ・露天風呂/大浴場がある事
 ・深夜以外何時でも入浴出来る事

■春版・秋版の二つのコース
 16日間の春版と1ヶ月間の秋版のコースがあります。
 春版は秋田県と青森県の2カ所の温泉場に滞在し、北国の美しい春を堪能していただけます。

 秋版は秋田県と青森県の3カ所の温泉場に滞在し、収穫の秋を堪能していただけます。

■至福のひととき
 朝起きて湯船に直行します。誰もいない温泉の香りが充満した大浴場に浸かるのが楽しみです。朝日が差し込む浴槽に体を沈め、極楽を体感します。こんな経験を毎朝するわけですから、1週間も過ぎるころには帰りたくなくなります。

■運動
 ウォーキングは、田園や海岸を8kmから10kmを目標に毎日歩きます。これでバランスのとれた生活を送ることが出来ます。

■食
 春は山菜、秋にはリンゴの楽しみが加わります。

■日々の生活
 滞在中は、下記のような規則正しい生活を送ることになります。
 AM5:00 起床
      朝風呂
 AM7:00 朝食
      食後風呂
 AM9:30 運動
 PM1:00 昼食
      食後風呂
      自由時間
      夕食前風呂
 PM6:00 夕食
 PM9:30 就寝
    
        
■ThalassoWalking++
 
 
滞在
最適時期
滞在場所 内容
5月
6月
山陰 テーマは「タラソテラピーと温泉」です。  

タラソテラピーのエッセンスを詰め込んだコースです。 新鮮な海水を温め、海水の特性である浮力や生理的作用(ミネラル分の吸収等)、水圧、抵抗等を運動生理学的に配置したプールで午後運動します。午前は温泉三昧を予定しています。また、出雲蕎麦の美味しさを堪能していただける企画も用意しています。

・風を楽しむ
多種多様な風を楽しむ事ができます。日本海から吹いてくる冷たい風、宍道湖から吹いてくる涼しい風や松江の田園地帯で吹いていた色々な草や花の香りが混じりあったのどかな風はどこか懐かしい香りがしました。最後は鳥取県の弓ヶ浜半島に広がる全長約17kmの弓ヶ浜です。境港から眺める弓ヶ浜は遠くに雄大な大山が見えて、白砂と松林の海岸が弓のように見えます。

・食を楽しむ
 出雲といえば出雲蕎麦です。蕎麦は、うどんに比べてタンパク質が豊富で、食物繊維も多いのが特徴だそうです。それだけでなく、蕎麦に含まれる「ルチン」という成分は、抗酸化作用があり老化を防ぐ作用があるとの事です。蕎麦を食べて長生きをしたという話はあまり聞いたことはないが、老化防止に役立つとなれば食べないわけにはいきません。また、鳥取では海産物同様に乳製品が美味しいのには驚かされます。大山周辺の牧場から出荷されてくるようです。美味しくない関東の牛乳に慣れているせいか特に美味しく感じます。

・運動を楽しむ

 松江や境港は道が広く、遊歩道がよく整備がされていて、安全に歩けます。

・温泉を楽しむ

出雲、松江、境港はいずれも滞在先の近くに公共の温泉場があり、温泉に通うのが日課となります。出雲では徒歩圏内の温泉施設、松江では玉造温泉を利用していましたが広くて人が少なくて500円には驚かされます。境港では近くの温泉に行ったり、皆生温泉まで出かけることが出来ます。潮風に吹かれながら自転車で温泉に通うのも楽しいものです。

 
    
       
■HawaiiWalking++
 
 
滞在
最適時期
滞在場所 内容
11月
12月
ハワイ
テーマは「肌に優しい風が吹く季節にハワイを歩く」です。
 ハワイは何度行っても楽しいところです。どういう訳なのか、訪れると決まって気分がハイになります。常夏の環境がそうさせるのではないかと思っています。特にオフシーズンは、観光客が少なく比較的静かな観光地になりますので高齢者にとって活動しやすい場所に思えます。12月は、湿度は60%、最低気温は20度、最高気温は30度くらいですので朝は涼しいのですが午後は暑くなります。地元の高齢者の行動パターンを観察していると運動は午前中に済ませ、後はのんびり日陰で過ごす生活を送っているように見えます。ウォーキングは高齢者の多く集まる「天国の回廊」と名付けたなんとも気持ちの良い植物園コースを午前中に歩きます。
 この肌に優しい風が吹く季節にハワイに長期滞在するコースです。同一宿舎での滞在ですのでハワイの空気を満喫できます。

・風を楽しむ
 日本との時差は15時間ありますので、到着後しばらくは時差ボケに悩まされる事になります。滞在も1週間を過ぎた頃から、現地の環境に慣れるような気がしています。滞在場所ではめったに雨は降りませんので毎日がほぼ晴れの状態です。日の出は遅く7時ごろにならないと太陽は出てきません。山から太陽が顔を出すと急に気温が上がり始めます。朝、窓を開ければ太平洋から涼しい風が吹き込みます。この地では、風と日陰が最大のごちそうのような気がしています。
 滞在先では夜も風と音楽が楽しめます。毎晩、テラスでプールサイドから聞こえてくる生バンドの奏でる音楽に耳を傾ける事になります。滞在客に応じてオールディーズ系の曲が多いの気に入っています。隔日になりますがハワイアンショウの音楽がハワイムードを盛り上げてくれるのも嬉しいです。

・食を楽しむ
 お勧めしたいのがPOKEです。日本で言えばズケ丼のズケです。新鮮な魚介類を一口大に切り、ごま油をまぶして、細かく切った海藻、タマネギ、青ねぎなどを混ぜ、よく馴染ませたもので、マグロが主流のようです。このPOKEをご飯に乗せたものをPOKE Bowlと呼んでいます。このPOKE Bowlにはサイドメニューとして野菜や海藻のサラダが添えられて出てきます。POKEとサイドメニューは色々なメニューから選べますので日本人には有り難い食材です。
 暑い場所ですので飲み物としてはビールがお勧めです。美味しいさと種類の多さと値段の安さでお勧めです。後はレモネードが美味しいです。

・運動を楽しむ

 最低でも4キロの歩行を毎日のノルマにしていますので公園まで歩いて行き、一周1キロ足らずの植物園を歩きます。この植物園には色とりどりの花が咲き乱れていますので、歩いていて飽きることはありません。次に爽やかな風が吹く海岸を歩くことを日課としています。ここでは海と風と日陰を楽しむことになります。
 暑い午後はプールでひと泳ぎして、昼寝をするのもよいかもしれません。
   
   
   
   

  Walking++は高齢者にとって若さの源泉となります
    
当サイトに掲載された画像、文章等の無断転用,転載はお断りします
Copyright (C) Global Education Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved