ホームページに戻る
アトリエ星の井に戻る

  

   

 

 

   
 ビーチグラス研究所 ビーチグラスの魅力を研究


 ビーチグラスという素材に着目し、その特性と魅力により「ストレスを楽しくコントロールする方法」や 「脳に刺激を与え、心に感動を与えるような健全な老化に役立つプログラム」の研究開発を行っています。

■ビーチグラスとは

 ビーチグラスの元の姿は瓶などのガラス製品です。 海に捨てられたガラス製品が割れて、岩を転がりながら鋭い角は柔らかい形になっていきます。 そして、これらは潮の流れに沿って砂地の海底で擦られることにより、表面はすりガラスのようになり、形状は丸みを帯びた形へと変化していきます。 こうして、美しいビーチグラスは出来上がります。 海は、CO2を出さないエネルギーで危険なゴミを宝石に変えたことになります。 こうなるのに要する年月は、環境に大きく左右されますがだいたい10年から15年はかかると言われます。 愛好家の間で取引されるような宝石レベルとなると50年とか100年という長い歳月をかけて海で揉まれたようなものです。 世界のビーチに打ち上げられるこれら宝石は、詩的に「人魚の涙(Mermaids Tears)」と呼ばれたりします。 また、ビーチグラス(beach glass)はシーグラス(sea glass)とも呼ばれますが同じものです。

 
   
   ○ビーチグラスはこうして作られる

  ビーチグラスが自然の力でどのように作られるのかがわかる映像が手に入りました。
  大きな石と砂利と砂で構成される海岸に於いては、ガラスの破片は石により角が削られ、砂利によって丸みを帯びた形にされていきます。仕上げは砂がガラスを磨くことにより、ご覧のような美しいビーチグラスが出来上がるようです。
 
   ビーチグラスの作成過程がわかる映像です。
 
 ○時を越えて

  昭和の時代には現役で使われていた漁業用ガラス玉です。現在はプラスチックのものが主流ですので見かけることがなくなりましたが、偶然、青森県の海岸でこの懐かしいガラス玉を見かけました。これらのガラス玉の残骸が時に海岸に打ち上げられて来ます。このガラス玉は厚さが2センチぐらいはありますので、このガラス玉が割れてできるビーチグラスはかなり大きなものになります。昭和の時代はガラス玉、現在は、ご覧のような美しいビーチグラスとして蘇った事になります。


 
   
 
 
 ○中高年を惹きつけるビーチグラスの魅力

  ビーチグラスに魅了される中高年が最近増えているそうです。確かに湘南でも沖縄でも海岸を歩いているとよく中高年の女性を見かけるようになりました。この現象は日本に限ったことではなく、ハワイやマヨルカ島でもたびたび目にしましたので世界的な現象のようです。海岸でこんな綺麗な「もの」が拾えるのなら、「宝探しの気分」で私も探してみようと思うだけではないようです。ビーチグラスには人を惹きつける不思議な魅力があるようです。

 
   
■ビーチグラスの2つの顔
 
ビーチグラスは、濡れた時と乾いた時ではまったく異なる表情を見せます。  
○濡れた時
 ビーチグラスの表面は無数の凹凸で覆われていますが、濡れると凹凸は水で塞がれ、しっとりとしたガラス玉となります。
○乾いた時
乾くと表面の凹凸がはっきりし、石英が顔を覗かせ白く粉を吹いたようなガラス玉となります。石のようにも見えます。
 
 海岸で拾った時は美しい色をしていたのに、家に持ち帰ったら石のようになっていてがっかりした人も多いのではないでしょうか。

 
■ビーチグラスの色

 ビーチグラスの色は過去に作られ海中投棄された主には瓶の色に依存します。
よく目にする茶色はもとはビール瓶です。水色はコーラ瓶、白は多くの製品で使われていますから特定はできませんが厚手のものは牛乳瓶かもしれません。 その他によく目にする色は、黄緑色、緑色、青色です。まれに黄色、紫色、赤色を見かけることがあります。


  めったにお目にかかりませんがピンクや赤色のビーチグラスが海岸に打ち上げられることもあります。

  海岸散歩の楽しさはこのような珍しい色のビーチグラスに巡り会うことです。


 
 
   魅惑のビーチグラス T
 
   魅惑のビーチグラス U
 
   魅惑のビーチグラス V

 
■ビーチグラスの形状

ビーチグラスの形状は、海中投棄された瓶などのガラス製品の形状と投棄されてからどのくらいの年月を経ているかにより、様々な形状をしています。 高齢のビーチグラスは丸みを帯びていますし、若いビーチグラスはまだ角があります。
また、岩、ジャリ、砂など海岸の特徴にも左右されます。
 
  日本国内
   
地中海に浮かぶコルシカ島で採取したビーチグラス
 
■ビーチグラスはどこで拾えるか

ビーチグラスは、「ビーチグラスとは」で紹介した条件が揃う海岸であれば、世界中どこでも海岸に打ち上げられている可能性があります。また、ビーチグラスと言っても「ビーチグラスの形状」で紹介したようにビーチグラスの年齢や育った海岸の特性により、様々なビーチグラスが存在します。ジュエリーの材料になるものもあるし、首をかしげたくなるものもあります。
米国・ハワイのワイキキ海岸や米国・フロリダのマイアミやオーストラリアのゴールドコーストのように、よく管理された海岸ではビーチグラスを探すことは困難です。過去に資源ごみ捨て場だった場所とかマナーのよくない観光客が集まるような海や海岸では、今でもビーチグラスがよく打ち上げられます。
日本ですと当アトリエのある鎌倉(七里ヶ浜)、茅ヶ崎、葉山から三浦半島にかけてはビーチグラスが打ち上げられます。
その他の海岸でも打ち上げられていると思われますが定かではありません。

 


   ビーチグラスを探そう


■ビーチグラスの需要と供給

ビーチグラスの供給を考える時、ビン類がガラスからペットボトルに代わり、そして、資源のリサイクルが進むようになってきた現在は、海岸に打ち上げられるビーチグラスの絶対量は減少しているものと思われます。しかし、過去に海中に投棄してきたガラス製品の量は膨大ですので当分の間は海岸にビーチグラスは打ち上げられると想定されます。次に需要ですがいくら海岸にビーチグラスが打ち上げられてもその海岸の近郊に多くのビーチグラス収集家がいれば、たまに訪れた人の目に止まることはめったにありません。というわけで都市部の海岸より田舎の海岸のほうがビーチグラスを拾える可能性は高そうです。


地中海に面したフランス・ニースの海岸は沢山のビーチグラスが打ち上げられいました。拾う人もなく、拾い始めればすぐビニール袋が一杯になります。砂利の海岸であるニースではごつごつとしたビーチグラスが採取できます。


ニースのビーチグラス


スペイン・マヨルカ島の海岸

海岸に打ち上げられていたビーチグラス




米国・ハワイ島の海岸に打ち上げられていたビーチグラス


  ■高品質なビーチグラスが採取可能な場所

 高品質なビーチグラスとはジュエリーに使えるビーチグラスの事です。高品質なビーチグラスが生成される地理的な条件は次の通りです。
 ・沖に岩礁があること
 ・海岸が砂利混じりの砂浜であること
 ・海岸近郊に多くの人が居住していること
 この条件を満足する海岸では、表面が滑らかに擦りガラス状になった丸みを帯びたビーチグラスを採取できる可能性が高いようです。

 
 
  ジュエリーになるビーチグラスが打ち上げられる海岸

 
■高品質なビーチグラスが採取できるビーチ 


 過去に訪れた海岸から当アトリエが選定した高品質なビーチグラスが採取できる場所を紹介しています。

 
年度 アトリエ星の井が選定したベストビーチグラスビーチ
 2018 山陰海岸国立公園 
2017 大分県佐賀関から臼杵湾
2016 北海道 北見市・常呂郡佐呂間町・紋別郡湧別町
2015 和歌山県吉野熊野国立公園と南紀白浜
2014 青森県下北郡東通村尻屋
2013 徳島県室戸阿南海岸国定公園
 

 
   
 
■BeachGlassHunting 日本全国どこでもビーチグラス 

 足の向くまま気の向くままにビーチグラスを探して、日本全国の海岸を暇に任せて歩いてみました。
 幸運にも多くの海岸でビーチグラスに出会うことが出来ましたので、その情報をまとめました。

 


■ビー球もビーチグラスに変身


 波の力がいかにすごいかは写真のビー球でわかります。元の姿は海に捨てられたビー球かまたはラムネの瓶に入っていたガラス玉かはわかりませんが、ずいぶん研磨されだいぶ小さくなっています。丸いガラスは海底をころがりなが小さくなっていきますが丸い形そのものは変化しないようです。
擦りガラス状のビー球も水に漬ければきれいに発色します。

   
  ビーチグラスとなったビー玉を浮かせたフローティングビーチグラスアート

■ビーチグラスの吸水性


 長い年月を経てよく研磨されたビーチグラスには、高い吸水性があります。湿度の高い日には、空気中の水分を吸収して濡れたように発色します。写真のビーチグラスは湿度85%で濡れたようになりました。
また、ビーチグラスは握り締めているだけで、手のひらの汗を吸収して発色します。

   
   湿度41%

   湿度44%

   湿度58%

   湿度80%
 湿度の高い夏はビーチグラスは汗をかいたように湿っています。
 
   ビーチグラスは湿度が上がると美しくなります。

  ■ビーチグラスを光らせる
   ビーチグラスの表面には無数の凹凸が出来ていますので、光を当てると凹凸により乱反射して、柔らかい明かりを放ちます。
 
   
 
   

■ビーチグラスを手軽に楽しむ 

 ビーチグラスを手軽に楽しむ方法としてグラスに水を入れ、その中にビーチグラスを沈めて楽しむ事をお勧めします。こうするとご覧のようにビーチグラスの美しさを最大限引き出すことができます。

 
■ビーチグラスを水に浮かせて楽しむ 

 ビーチグラスはちょっとした工夫で水に浮かせることが出来ます。

 透明な容器にウォーターパールとビーチグラスを満たすことにより、水に浮いているように見せることが出来ます。

    フローティングビーチグラスアート
 
   
 
  ライトアップすると魅惑的なアートとなります。

  ■ビーチグラスをランプの素材にして楽しむ

 ビーチグラスは沢山集めるとそれらの色と形状により、モザイクアートの素材になります。


 ビーチグラスの透光性を利用すればご覧のようなランプを作ることが出来ます。ビーチグラスはステンドグラスやトルコランプとは全く異なる優しい灯りを放ちます。初めて見るとちょっと驚かれるかもしれません。
 ご覧のようなランプを作成するにはジグソーパズルのような作業を伴いますので、根気と精神の集中が必要となります。
 このランプ作成作業における精神の集中により、点灯時には感動が生まれます。
 時間に余裕のある中高年の方には「頭の体操」と「ストレス解消」を兼ねて、じっくり時間をかけてランプを作成する事をお勧めしています。
 
  ビーチグラスランプ                  キャンドルランプ

■ビーチグラスをジュエリーの素材にして楽しむ

 海岸に数多く打ち上げられるビーチグラスの中には、宝飾品にしたくなるようなものもあります。 一つ一つがユニークで滑らかな形状となっていますので、市販の宝飾用の石とはちょっと趣の異なる宝飾品やアクセサリーを作る事ができます。
 アトリエ星の井では、誰でもビーチグラスを簡単にカジュアル用途のビーチグラスジュエリーに作り上げることのできる機能とデザインが一体となった装飾技法である アクセサリー装飾技術「BeachGlassWare」を開発しました。

 ビーチグラスジュエリーをデザインして、作る」楽しさを味わえます。試行錯誤により、色々なビーチグラスジュエリーが出来ます。
 
   海岸でよく目にする傷ついたビーチグラスでもBeachGlassWareならビーチグラスジュエリーに作り上げることが出来ます。
   
  ○漁業用ガラス玉に使われていたと思われるガラス玉の栓でビーチグラスジュエリーを作りました。
 
 


■ビーチグラスジュエリーでストレス解消

 アクセサリー装飾技術「BeachGlassWare」はストレス解消技法でもあります。この装飾技法を使用してビーチグラスジュエリーを作成するにはいずれのデザインでも約45分かかります。作成者はこの間、知らず知らずのうちに作業に集中するすることになり、神経は手先に集中し、頭の中は空となります。この状態がストレス解消に効果的に作用します。

 
 ・何もかも忘れてアクセサリー作りに没頭する45分間は、ストレスのを解消になります。
 ・頭の中がなんかゴチャゴチャしている時に45分間のアクセサリー作りに没頭すると気分転換になります。

 
 
■ビーチグラス百景








当サイトに掲載された画像、文章等の無断転用,転載はお断りします
Copyright (C) Global Education Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved